ポケモンLet’s Go!ピカチュウ プレイ日記その1

ついにきましたSwitchでのポケモン最新作!
グラがしょぼい」とか「絶対つまらない」など前評判があまりよろしくない本作もポケモンシリーズを全部やってきた(マイナーチェンジは除く)身としてはプレイしないわけにはいきません。

そもそもね、綺麗になったカントー地方を旅できるってだけでワクワクできるんですよ。
では早速やってきましょう。

 

お馴染みのオープニング。

もうアニメでオーキド博士のあの声が聞けないと思うと泣けてきますね…

 

今作のライバル。

服がピチピチでジョジョ7部のDIOみたいなので「ジョッキー」と名付けます。

 ←これ 主人公のライバルで天才ジョッキー

 

イメージしてたキャラと違う…。
マンハッタン島をよこせと米大統領に迫るくらい殺伐としててくれないと。

 

綺麗になったマサラタウン。
なんか狭くなってるような…

相棒きました。
尻尾が割れてるので♀ですね。
先端が割れてるなら♂な気がしますけどね。

 

ボールに入った後も縦横無尽に動き回る元気なピカチュウです。
早速名前をつけてあげましょう。

 

命名「ピカカス」です。
蔑称じゃありません。
有村架純然り可愛いものには「カス」がつくものなんです。

 

いきなりカス呼ばわりとはひどいなオカン

 

野生戦は完全にポケモンGOのシステムになってますね。
両サイドにコントローラーをはめた携帯モードだとAボタンを押すだけで捕まるのでおすすめです。

 

ポケモンを捕まえると経験値が入ります。
うまく捕まえると経験値が増えるのでトレーナー戦より効率がいいかもしれません。

 

ジョーイさんは完全にアニメ仕様になってますね。

 

初戦闘。
前情報通り今作は特性がないみたいですね。

 

お姉さん可愛すぎない?

 

トキワシティのお馴染みの隠しアイテムもちゃんとありました。

 

ポケモンGO仕様になってボールが大量に必要になったのでトレーナーを倒すとボールが貰えるようになりました。

 

シンボルエンカウントは世界観に合ってていいと思います。
余計な戦闘は避けられるようになってストレスフリーになりました。

今作はポケモンのサイズが個体によって違うらしく、大きい個体には赤いオーラ、小さい個体には青いオーラが出るみたいです。

赤いのはこんな感じ。

 

手持ちから名前変更とポケモンセンターに行かずとも控えと手持ちの入れ替えができるようになりました。
これはかなりいい改善ポイントだと思います。

 

強さもCP表示されるようになってポケモンGO勢を取り込みたいという姿勢を感じます。

 

こういって傷薬をくれました。
めっちゃいい奴やん…

 

肩に乗せたピカチュウの他に1匹連れ歩けます。
ニドランが月の石に反応したり芸が細かいです。

 

ニビシティにこんなイベントが追加されてました。

 

ポケモンGOからの新規勢のためのシステムなんでしょうが逆に鬱陶しいですねこれ。
これは改悪ポイントです。

 

タケシさん。
このポーズも健在です。

 

イワークが大っきい。

 

がまんはクソ技なのでリストラされたらしいです。

 

アニメの要素をちょいちょい入れてきてますね。

 

外に出るとグリーン兄さん登場。
今回は先輩役らしいです。

 

今日はここまでにします。
最初なので新要素を色々乗せましたが次からはもっとサクサク進めていきたいです。

コメント