自己紹介

ギルトナムの自己紹介

95年生まれ、東北地方の田舎で育ちました。
 
幼少期からパソコンがある環境で育ち、田舎だったので他に何もすることがなくひたすらネットサーフィンをしていました。
 
本当にネットサーフィンしかしていなかったので、パソコンの知識が身に着くわけでもなくタイピングだけが速くなりました。
 
両親から教わった事よりネットサーフィンで得た知識の方が圧倒的に多いので、ネットに育てられた人生と言っても過言ではないかもしれません。
 

小学生時代

昔から運動神経は0で、身体も小さく肌も色白で典型的なひ弱な子供でしたが空気を読み周囲に合わせる能力は人並みにあり周りに恵まれいじめられることはありませんでした。

習い事で一定の成績を出していたこともあり、小学校時代は自分にコンプレックスを持つこともありませんでした。

ただ、この頃から運動ができない自分に歯がゆさを感じていました。

コンプレックスが芽生え始めた中学生時代

中学校に入ると部活動が始まります。

男で運動部に入らないのはあり得ないという風潮があったので、空気を読んでバドミントン部に入部。

それなりに努力しましたが、部員のほとんどが出場できる新人戦のメンバーに選ばれず号泣。

また、好きな子ができて告白もしましたが相手にされるわけもなく撃沈。

次の週、その子は野球部のレギュラーと付き合っていました。

自分が努力しても手に入らないものをあっさり手に入れる人間が多数出現したことにより、自分はダメな方の人間なんだと自覚するようになりました。

何をやってもダメだった高校生時代

田舎には高校の選択肢はほとんどなく近場の自称進学校に進学。

中学校とは違った生活を送りたくて高校デビューを目論見ますが立ちはだかる体育祭などの運動系イベント。

クラスの中心人物になれるのは運動ができて中学からの先輩たちとのコネクションがたくさんある人間だけでした。

また、中学時代は上位だった勉強面でも勝てなくなり成績は凡になります。

そんな取り柄のない人間が孤立せず日々をどうやって過ごすかといえば、いじられキャラに徹するしかないのです。

まさにピエロ。キョロ充とも言いますね。空気だけは読める自分にぴったりです。

表面上の友達はそこそこいたと思いますが、一人の人として認めてくれる人はいなかったと思います。

ここで劣等感、ネガティブ思考が植えつけられ、現在とほぼ変わらない人格が形成されます。

大学時代。そして就職留年へ…

とにかく上京したいという思いが強かったので成績的に狙えそうにない都内の国立大学は早々に諦め、苦手な数学からも逃げ、都内の私立文系大学に進学しました。

この時、第一志望、第二志望共に落ち、第三志望の偏差値50の大学に進むことになってしまい無事学歴コンプレックスを患いました。

さらに親という監視の目がなくなったことにより生来のサボりぐせが発動、単位を落としまくります。

大学をサボって何をしていたかと言うと、ひたすら寝ていたんですよね。

とにかく何もやる気が起きなくて、たまのバイトですら苦痛でした。

こんな状態で就活がうまくいくはずもなく、親に頭を下げ就職留年の道を選ぶことになります。→この時の記事はこちら

ブログを始めようと思ったきっかけ

こんな訳でコンプレックスと失敗に塗れた人生な訳ですが、現在はなんとか内定を獲得しエンジニアとしてIT企業への就職が決まっています。

同じような立場で就職留年を考えている就活生のために就職留年の記録を残したいと思うようになりました。

…というのももちろん理由の一つですがそれよりも

言いたいことを好きなだけぶちまけたい!!

そういう場所が欲しいというのが大きな理由です。

リアルだと言いづらい事ってたくさんありますよね。

このブログで扱うテーマ

基本雑記ブログになる予定です。ですが以下のテーマが中心になると思います。

  • 就職留年中の経験について
  • 常日頃考えていることや世の中の出来事に対する意見
  • プログラミングなど文系大学生がITエンジニアになるための準備について
  • ゲームのプレイ日記

自己分析の結果、自分には物事を継続する力が足りず、その結果自分の能力の低さにも繋がっていると考えたので内容の質よりも継続することを優先にコツコツ続けていきたいと思っています。